くずはロータリークラブ
トップページ
ごあいさつ
ロータリークラブについて
広報
会員紹介
日程
事務局案内
リンク
バックナンバー
2008〜09年度
2007〜08年度
2006〜07年度
2005〜06年度

会長基本方針

本年度テーマ
「 積 少 為 大 」

- RIテ−マ -
ロ−タリ−の未来はあなたの手の中に

- 2660地区テ−マ -
ロ−タリ−を身につけよう
奉仕の心、友情を大切にする心、寛容、
高潔さ、リ−ダ−シップ、命を慈しむ心。

2009-2010年度会長 駕田 毅
くずはロータリークラブ
09-10年度会長
駕田 毅


くずはロ−タリ−クラブは本年35周年を迎えます、我々に与えられたテ−マは上記の通りですが会員がひとつでも多く心に残すことを目指します。

クラブテ−マは、積小為大としました。私たちの年代は、小学校の校庭に二宮金次郎(二宮尊徳)の像がありました。積小為大は、二宮尊徳の言葉として有名です。彼はすなわち小を積んで大をなす、また大事を為さんとする者は小事を怠るなといっています。どんなことでも、小さいことからはじまる。理屈を考えるより小さいことでも、できることから始めよう、そう、何事も継続は力なりと考えます。彼は勤労、分度、推譲を人々に勧めました。勤労とは徳に報いるために働く、分度とは収入の範囲内で支出を定める、推譲とは勤労、分度をして貯まったものを将来のために残したり、人に及ぼしたりする事、辞書で推譲をみると、他人をすすめて自分は譲ることとありました、まさにロ−タリ−精神そのものと感じました。

会長は管理者ではありません、管理主体は、クラブ理事会です、宮田直前会長そして岩本エレクトとの継続性、協調性をもって会員諸兄とともに、ロ−タリ−活動を進めて行きたく存じます。ご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。


e-mail:info@kuzuha-rc.jp