くずはロータリークラブ
トップページ
ごあいさつ
ロータリークラブについて
広報
会員紹介
日程
事務局案内
リンク
バックナンバー
2009〜10年度
2008〜09年度
2007〜08年度
2006〜07年度
2005〜06年度

会長基本方針
2010-2011年度会長 岩本 昌治
くずはロータリークラブ
10-11年度会長
岩本 昌治

本年度テーマ
「 ロータリーは家族・内なる力を高めよう 」

私は入会歴20年になります。20年前のロータリーと今のロータリーでは、随分様変わりしています。昔の少し堅苦しいのが懐かしかったり、今の様なフランクな感じのクラブもまんざらではないのですが。私自身が感じることは、ロータリーライフが楽しくなくなった様な気がします。これを自分なりに分析してみると、お互いを尊敬しなくなった事があるのではないでしょうか。気にかける人、心を配る人がいなくなったのではないでしょうか。

人から気にかけてもらうのはやはり嬉しいですよね。楽しいか、楽しくないかは個人差がありますが、この1年間私自身を楽しくする様このクラブを盛り上げて行きたいと思います。それとロータリーは家族の協力というより、家族と一緒に一人ではできない事を皆の力を合わせて奉仕活動が出来る幸せを感じようではありませんか。人生最後の奉仕クラブであると云ってもよいのですから。個人的には、私は家族に支えられて今迄ロータリー生活を過ごして来ました。また、「クラブメンバーは家族と同じである」という言葉だけが走るのではなく、この絆を築いて行こうではありませんか。

20年前に当クラブに入会させてもらう時に、今は亡き金銅さんに「ロータリーは最後の奉仕活動のクラブである。心してかかって来なさい。クラブを辞める時は本当に自分の経済が突然理不尽な事でだめになるか、身体に変調をきたし亡くなる時が退会である。」と教えてもらいました。

退会者の出る事についても正面からその問題に向き合ってみませんか。その為には各個人の家族に対する愛情をもう一度見つめなおし、家族でロータリーの事を考える事がこのクラブの第一歩となる様な気がします。

そして会員同士が尊敬し合い、思いあう事が今一度大切な気が致します。ロータリーは家族です。サブタイトル、「内なる力を高めよう」の合言葉のもと、この一年間奉仕活動を行いたいと思います。

クラブメンバーの皆様のご協力を切にお願い致します。力を合わせて楽しいクラブライフを送ろうではありませんか。

ノブレス・オブリージュ(高貴な人の奉仕)最近読んだ福田和也氏の本のワンセンテンスです。


e-mail:info@kuzuha-rc.jp