くずはロータリークラブ
トップページ
ごあいさつ
ロータリークラブについて
広報
会員紹介
日程
事務局案内
リンク
バックナンバー
2015〜16年度
2014〜15年度
2013〜14年度
2012〜13年度
2011〜12年度
2010〜11年度
2009〜10年度
2008〜09年度
2007〜08年度
2006〜07年度
2005〜06年度

会長方針
「明・楽・感謝」

2016-17年度会長 上山 芳次
2016-17年度会長
上山 芳次

くずはロータリークラブ第43代会長に就任に際して、その大役を思うとき重責に身の引き締まる思いであります。
創立以来、歴代会長が 私どものクラブの歴史と伝統を次代へと語り継ぎ、奉仕活動を継続して、地域の発展とともに歩んできた事実があります。そこには、ロータリアンとしての「誇り」と「奉仕の精神」をより発展させようとする「見えない力」があります。今、ここにその「力」を私たちの家族である仲間とともに、更なるクラブの発展へとつなげて参る所存であります。
本年度は、「継続は力なり」の如く、奉仕活動並びに諸事業について従前の方針を継続してまいります。特に以下について特筆いたします。
(1) 奉仕活動の結果として「感謝」を求めるものではありませんが、地域において「感謝の念」を感じ取れるぐらいの奉仕活動へと勇気と情熱を以で果敢に取り組みたいと思います。また、多くの若い会員を迎えることができ、若い力を発揮できる奉仕活動へと邁進したいと考えます。
(2) クラブ運営の要となる委員会活動の活性化はもとより、クラブ内の絆と団結の心をより強くするために、意見交換等の各種の会合や同好的な集会を含めて活性化させていきます。
(3) IM3組・ロータリーデーの主幹クラブとして、実行委員会を組織し、駕田実行委員長・國田副実行委員長を中心として、国際ロータリー2660地区IM3組の歴史に残るロータリーデーを実践します。クラブ全会員をもって成功裏に成し遂げる決意であります。
会員、一人ひとりの「責任と自覚」のもと、事業活動・奉仕活動に努力研鑽に励む次第であります。会員皆様方のあたたかいご理解とご協力、そしてご厚情をよろしくお願い申しあげ、会長所信といたします。

e-mail:info@kuzuha-rc.jp