くずはロータリークラブ
トップページ
ごあいさつ
ロータリークラブについて
広報
会員紹介
日程
事務局案内
会員専用ページ
リンク
バックナンバー
2017〜18年度
2016〜17年度
2015〜16年度
2014〜15年度
2013〜14年度
2012〜13年度
2011〜12年度
2010〜11年度
2009〜10年度
2008〜09年度
2007〜08年度
2006〜07年度
2005〜06年度

会長方針

奉仕の理想に向け、共に育とう

2018-19年度会長
2018-19年度会長
岡山 量正

1974年にくずはロータリークラブが創設され、先達がこれまで築き上げてこられた歴史と伝統の重みを感じ、創立45年を迎えようとしています。そんな中で第45代の会長という大役をさせていただくことに感謝申し上げるとともに、身の引き締まる思いであります。
会長を務めるにあたり、我がクラブの45年の歴史と伝統を継承し、奉仕の理想に向けたロータリー活動が大切であると考えます。
そして我がクラブの会員数75名を有するビッククラブへと成長し、おごることなくさらなる奉仕活動に努力研鑽し、励まなければならないと考えます。一人ひとりのロータリアンが社会貢献のため知恵を出し合い協力をすることで、意義のあるロータリー活動に繋がるものと信じえません。

[クラブ奉仕] 親睦を図るとともに、会員拡大を目指し地域にアプローチをいたします。
[職業奉仕] 個々の知識や経験を活かし社会貢献に参画します。
[社会奉仕] 奉仕活動を通し、地域社会に貢献します。
[国際奉仕] 自由で平和な国際社会を築くための一助となる活動を行います。
[青少年奉仕]  未来ある青年に、夢と希望と感動を与えられる活動を行います。

バリー・ラシン国際ロータリ会長のテーマは「インスピレーションになろう」とされました。前向きな変化を生み出し、我々に直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」になる必要があると申されています。
このテーマをしっかりと踏まえたうえで、会員相互の友情と親睦を深めるとともに「奉仕の理想」に向け、ロータリアンとして共に歩み、共に育つことが大切であると考えます。
因って、くずはロータリークラブ2018−19年度のクラブテーマを「奉仕の理想に向け、共に育とう」とします。
尊敬する長年の会員が、若い会員と親睦を深め、共に成長していきたいと心より願っております。誇りある、また魅力あるくずはロータリークラブとして、活動できますようご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。


e-mail:info@kuzuha-rc.jp