くずはロータリークラブ
トップページ
ごあいさつ
ロータリークラブについて
広報
会員紹介
日程
事務局案内
会員専用ページ
リンク
バックナンバー
2018〜19年度
2017〜18年度
2016〜17年度
2015〜16年度
2014〜15年度
2013〜14年度
2012〜13年度
2011〜12年度
2010〜11年度
2009〜10年度
2008〜09年度
2007〜08年度
2006〜07年度
2005〜06年度

会長方針

くずはロータリークラブの輝かしい未来に向けて

歴史と伝統を学んで実践しよう!

2019-20年度会長
2019-20年度会長
國田 欣吾

皆さんこんにちは、國田でございます。それでは年頭の御挨拶をさせて頂きます。本年度第46代会長を拝命させて頂きます。今日よりスタートします一年間お世話になりますがよろしくお願いします。

昨年は災害の多い一年でしたが、今年も先月の新潟地震の後、続いて東京で地震が発生し多少ですが被害に遭われた方もおられます。ロータリーとしてどれだけ地域が離れていても手を差し伸べる思いを大切にして一年歩んで参ります。

さて本年新しい時代になり令和元年にくずはロータリークラブの会長を賜り感謝と重責に改めて身が引き締まる思いです。当クラブの良き伝統と文化と歴史を一度振り返り、本年度の「くずはロータリークラブの輝かしい未来に向けて」をテーマに歴史と伝統を学んで実践して参ります。そして地域社会の特性を活かした奉仕事業を力強く進めていきます。そして本年度は地区が掲げている魅力と元気と個性あるクラブビジョンに当クラブの強みである明るく楽しくを加えてより良いクラブを創造して参ります。本年度RI会長マーク・ダニエル・マローニ氏の「ロータリーは世界をつなぐ」をテーマに沿って、当クラブの会員が奉仕活動を通じて共通の価値観を持った人々と繋がる事の大切さに重きを置き、ロータリークラブを必要とされている地域社会に目を向けて参ります。さらに国際ロータリー第2660地区四宮ガバナーの「Stand by you あなたと共に」のテーマに沿って、新しい仲間との出会いと奉仕活動への喜びを共に共有して参ります。よって本年は両テーマに沿ってクラブの原点である親睦と奉仕を根幹として社会により良い変化をもたらせて参ります。

さて当クラブは枚方ロータリークラブを親として1974年に創立し、歴代会長をはじめ諸先輩の皆さんのご尽力で時代の流れと共に成長して参りました。そして、新たな時代に挑戦する時が来ました。

本年は、クラブ創立45周年を迎えます。当クラブにとって節目の年でもあり、その歴史と伝統を念頭に未来に向けて発信していかなければなりません。そして5年後に控える創立50周年に向けたクラブの起点とすべきと考えます。

そのような中、当クラブは、数年前より会員増強に力を入れ、増強委員長の皆さんの努力で現在は会員90名近いクラブとなりました。前年から継承されてきた「50周年に向けて会員数100名」を目指して参ります。同時にロータリークラブの会員としての役割と責任はもちろん積極的に奉仕活動に参加して頂けるようなクラブにして参ります。

そして本年は何よりも全ての会員は家族であるという言葉を大切に、親睦を深め奉仕活動の喜びと感動を分かち合い、魅力のあるクラブをつくり上げる事で5年後の50周年に向けて更に飛躍できる一年になると思います。

さらにクラブのさらなるレベルアップをするために既存会員はもちろん新人会員の希望者に対しても会員としての厳守事項(例会、奉仕事業の出席、新入会員の紹介、会費納入)を理解いたたくためにも研修を行って参ります。

結びに、本年は会員一同で「くずはロータリークラブの輝かしい未来」の実現と45周年の成功を目指して努力をして参りたいと思います。この言葉を申し上げて終わりたいと思います。「種まかずして小判も逸歩も生える例なし」これは何事も行動を起こさなければ何も得ることはできないという意味で、この言葉通り執行部の皆さんと共にすべてにチャレンジをして参ります。どうか会員の皆様のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げまして年頭の御挨拶と致します。


e-mail:info@kuzuha-rc.jp